口座開設するだけで現金がもらえる!!超お得キャンペーンをチェック!!

「FX」とはForeign Exchangeの略で、外国為替取引のことを言います。 外国為替取引とは、為替変動を利用して利益を追求する金融取引のことです。 例えば、1ドルが100円のときに1ドルを購入し、1ドルが110円になれば売却します。

 

このときの差額の10円が利益となります。 1ドルあたりの損益はわずかであるが、何百、何千という単位になればその利益も大きくなります。 1998年の外為法改正による規制緩和以降、誰でも外国為替取引が可能となり、個人投資家向けに「外国為替保証金取引」として生まれたのが現在一般的に「FX」と呼ばれているものです。

取引例とあわせてさらに詳しく解説

簡単にいうと、誰もが参加できる身近な投資方法の1つで、安いものを買って高く売ったり、高いものを売って安く買い戻すといったことの繰り返しを行っていると考えると分かりやすいと思います。例えば、1ドル90円で買ったとします。

 

そして、92円で売りますと、2円の利益が出せたということになります。FXでも最少取引単位は1万通貨が多いため、最少の1万ドルで取り引きしていれば、2万円の利益となるのです。

 

また逆に、93円で売り注文をだして、92円で買い戻ししたとしたら、1円の利益で、1万ドルの取り引きなら、1万円の利益を得たことになります。このように、買っては売って、売っては買っての繰り返しで、値段が上がったり下がったりするのがFXの基本となります。

 

今では、誰でもFXの口座を開設することができ、手数料無料、口座維持費無料というのは、当たり前の時代となっています。実際にFX口座に入金していても、銀行などに預けている感覚と同じで、何もしなければお金は減ることはありません。今では、インターネット環境さえ整っていれば、すぐにFX口座を開設したり、取引が出来るという仕組みになっています。"