為替リスクヘッジで為替差損リスクを回避

リスクヘッジのヘッジとは「軽減する」または「回避する」といった意味です。そして、為替におけるリスクとは為替の変動により損益を出してしまう事。つまり、為替におけるリスクヘッジとは、為替が変動した場合のリスク(損失)を出来るだけ「軽減する」、または「回避する」事と言えます。
では、実際にはどのようにリスクヘッジは行われているのか見て行きましょう。

 

輸入業者Aの場合

A社がアメリカのM社から100万ドルの製品を輸入しました。代金の支払は3ヶ月後の契約です。現在のレートが仮に1ドル100円であるとして、1ドル100円×100万ドルで1億円の支払いとなりますね。ところが3ヶ月後にレートは変動、1ドル110円の円安となってしまいました。

 

A社は支払金額100万ドルを用意するために1ドル110円×100万ドルで1億1千万円が必要になってしまいました。

 

輸入業者Bの場合

B社がアメリカのM社から100万ドルの製品を輸入。代金の支払は3ヶ月後の契約。現在のレートが仮に1ドル100円であるという状況まではA社の場合と同じ。ここでB社は為替変動に備えて通貨の売買の権利を前もって購入。

 

つまり100万ドル分の通貨購入を現レートで予約、手数料やスワップなどで200万円ほど損益を出す代わりに為替相場変動リスクヘッジ。3ヶ月後にレートは変動、1ドル110円の円安となりましたが、あらかじめ予約していた1ドル100円×100万ドル+200万円の1億200万円で代金の支払いを完了。

 

上記のリスクヘッジの例は輸入業者と円安時の関係での説明となりましたが、輸出業者と円高時、債権や株式の投資などを行う際にも基本当てはまるケースです。簡単に言ってしまえば「ヘッジコスト」を払うことで、為替相場変動時のリスクヘッジを行い当初の予定から大きくズレの出ない金額で取引をするための保険のようなものですね。

 

より具体的なコンバージョンの説明

メリットとしてはあらかじめリスクの確定(「ヘッジコスト」を払う)をしておくことで、安定した取引ができる事が最大の利点でしょう。デメリットは輸入業者Aの場合、円安となったことで利益を減少させてしまいましたが、円高となった場合には逆に利益を大きくできる可能性もあるわけですから、ハイリターンの可能性を消してしまう事もあるという点です。

 

為替リスクをヘッジする場合と、しない場合のどちらが有利かは一概に言う事はできませんが、御自分の取引スタイルに合わせたオプションの1つとして理解しておくと便利です。
FX業者を利用して為替相場変動リスクヘッジを行う場合、「ヘッジコスト」が安くバランスのとれたFX業者を選びましょう。